ブログ

blog

  • *
  • *

レントゲンについて

こんにちは。今回のブログのテーマは、

歯医者でのレントゲンの必要性

歯医者でレントゲン写真を撮ることがあると思います。

そもそも、レントゲン写真はなぜ必要なのでしょうか?

 

今日は、レントゲン写真について簡単に説明していきます。

 

レントゲン写真には多くの情報が詰まっている

レントゲン写真には、様々な情報が詰まっています。

それが次の3つです。

歯の全体

骨の状態

顎の間接

 

①歯の全体

歯を見て、虫歯になっていないか、歯の根っこに炎症が起きていないか、被せ物がある歯では、被せ物と歯の境目で、虫歯になっていないかを確認します。しかし、鼻の下から顎までの大きなレントゲン撮影では、細かいところまでは見えません。もっと細かいところまで見たい時には、一部分だけが撮れる小さなレントゲン写真を撮る場合もあります。

 

②骨の状態

歯は顎の骨で支えられています。

骨の状態を見ることで、歯周病の進行具合を知ることができます。

歯周病が進むと骨は溶けてしまうので、骨が一定以上あるのかをレントゲンで確認しているのです。

 

③顎の関節

大きなレントゲン撮影では、顎の関節を見ることができます。

顎の関節、付け根を見ることで、すり減り具合がわかります。

関節のすり減り具合で、顎関節症になっていないかが確認できるのです。

 

レントゲンは数年に一度は必要

状況にもよりますが、見えないところを把握するためにも数年に1度はレントゲン写真を撮るといいでしょう。

自分の歯や骨の状態を定期的に確認して、知ることは歯の予防にも繋がります。

 

当院ではデジタルエックス線写真撮影を使用することで、従来の1/3程度の被曝放射線量で安全に撮影できます。ご不安がある方は遠慮なくご質問ください。

2020年2月
1月  
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
242526272829 
ページの先頭へ戻る