ブログ

blog

  • *
  • *

歯磨き粉の選び方

皆さんは歯磨き粉を選ばれるとき、どういった基準で選ばれますか?
ドラッグストアなどに陳列されているものだけでも相当な種類ですので、悩まれるのではないでしょうか?
できれば自分に合った歯磨き粉を使いたいですよね。
逆に自分に合っていないものを選んでしまうと、口内のトラブルに繋がりかねませんのでとても重要といえます。
歯科医の目線で選ぶポイントをお教えいたしますね。

 

① むし歯予防またはむし歯になりやすい方
フッ素が含まれている歯磨き粉にはむし歯を予防する効果があります。
このフッ素は「歯を強くする」働きがあるので使い続けるとむし歯に負けない抵抗力のある歯へと導いてくれます。
特にフッ素濃度が 950ppm 以上のものがおすすめです。(子供さんには強すぎることもありますので注意が必要です)

 

② 歯周病予防
歯周病は口の中で歯周病菌が増殖し、歯を支える骨を溶かしてしまう病気です。
この歯周病菌を減らすためには丁寧な歯磨きは欠かせませんが、殺菌効果の高い歯磨き粉を選ぶことも大切です。
歯周病菌の殺菌効果のある成分は以下の通りです。
・イソプロピルメチルフェノーム
・塩化セチルピリジニウム
・塩酸クロルヘキシジン
・酢酸 dl-α-トコフェロール
他にもありますが、これらが配合されているものを選ばれると良いですよ。

 

③ ホワイトニング
歯の表面の着色が気になる人は、「ステイン除去成分」が含まれているものを選ばれると良いでしょう。
ただホワイトニング効果を謳っている歯磨き粉はいくらか注意が必要です。
研磨剤の粒子が大きいものや配合量の多いものは歯の表面を傷つけてしまうため、選ぶとしても微粒子のものがいいかもしれません。
また、本来の白さに戻す効果は市販の歯磨き粉では難しくなります。
その点、歯科医で行うホワイトニングは歯を傷つけずに丁寧に行いますので、歯に優しく効果も期待でき、かつ今後の着色汚れも防ぐことができます。
いつまでも健康なお口で、そして笑った時の白い歯は本当に素敵で魅力的です。
自宅で正しくケアすること、定期的な歯科での検診は必ずセットになります。

当院では日頃のケアに関しての的確なアドバイスも行なっておりますのでお気軽にお尋ねくださいね。

2023年2月
1月  
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728 
ページの先頭へ戻る